本文へスキップ

浮気調査・愛人調査・不貞行為調査等を24時間調査の日本総合探偵事務所。

. 0120-078-305

365日・24時間受付営業

ひとりで悩まないで、ご相談ください。あらゆる調査に対応します。

日本総合探偵事務所は浮気調査企業調査素行調査結婚調査ストーカー対策DV対策結婚詐欺調査行方調査ボディーガード・盗聴器発見調査を専門とする会社です。

TOPICS

  • 日本総合探偵事務所では、浮気調査・愛人調査・不貞行為調査を24時間、全国調査を対応しております。
  • 浮気調査を依頼されるお客様にご案内。
  • 民法における「不貞行為」

    第770条1. 夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。                1.配偶者に不貞な行為があったとき。                                     2.配偶者から悪意で遺棄されたとき。                                     3.配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。                                 4.配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。                          5.その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。                               2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。                              判例上の「不貞行為」                                            「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。確実な慰謝料を求めるなら、最低でも二回以上の不貞行為の証拠が必要とされる。性交渉も同様に、性行為が推認できる証拠物があれば性行為そのものを立証する必要が無い場合もある。
  • 日本の法律上、不倫は「不貞行為」(貞操義務の不履行)という。
    1.夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為である。
    2.一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。
    3.男女間の密会が性的交渉を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。

    「証拠とは」

     裁判所で認められる証拠とは不貞行為(性交渉を持つこと)とします。
     ですから、特定の異性に好意を持ちキスをした・肉体関係は持たずに手紙の交換を続けている程度では、不貞行為とは認められません。
     しかし、これらの行為でさえ配偶者には非常に傷つき苦しめられます。
    不貞ではないけれども、貞節でない行為や無断外泊など不貞が疑われても仕方がない行為を繰り返している場合には「婚姻を継続し難い重大な理由」に該当し、離婚が認められています。
     また、配偶者が同性愛者であった場合でも、判例では離婚を認めています。

    日本の法律上、不倫は「不貞行為」(貞操義務の不履行)という。
    1.夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為である。
    2.一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。3.男女間の密会が性的交渉を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。

  • 浮気でお悩みの方は、一人で悩まないでご相談ください。浮気調査専門調査員、浮気カウンセリング、浮気専門弁護士をご紹介いたします。

NEWS新着情報

2010年12月01日
神戸支店の事務所をJR神戸駅から徒歩1分の場所に移転しました。
2010年12月16日
特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネツトワークのホームページに、大阪駅前でのオレンジリボンキャンペーン、啓発チラシ街頭配布記事が掲載されました。
2010年12月21日
リンク1   リンク2   リンク3   サイトマップ
   

    

バナースペース

日本総合探偵事務所

   

大阪本店

大阪駅前支店

沖縄支店

東京支店

神戸支店


    

0120-078-305

スマートフォン版